2016年11月10日

生体パスポート、マラソンにも導入 薬物対

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)は6日、国内主要マラソン大会でのドーピング(禁止薬物使用)対策として、選手の血液データを蓄積、分析する生体パスポートを初めて運用すると発表した. 採取する血液の検体数や具体的な大会名は非公表としている. 生体パスポートは、選手の赤血球数などの血液データの変化を継続的に調べ、薬物違反の摘発に役立てる最新の検査. ridsepazcmo スニーカー JADAは日本国内で実施する体制が整ったことから、今年度から水泳、自転車、トライアスロンなどの競技で運用を開始. ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マ 今回、マラソンでも実施することにした.
posted by IkedaMiyako at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: